平成29年度8月度例会(三水会との合同納涼例会)「廣瀬バルブ工業(株)の見学会」「クラフトビールの世界」を開催

 平成29年8月30日水曜日8月度例会(三水会との合同納涼例会)を開催致しました。

 森田相談役の司会により開会し、廣瀬バルブ工業㈱松尾企画課長の進行により、研修に入りました。

小野社長より説明を受ける参加者

 小野社長より、歓迎のご挨拶と会社の説明を受けました。

  ①ストップバルブの開発

  ②電磁操作式ストップ弁の開発

  ③汎用弁から制御弁へ(文集流弁の開発)

  ④世界初回転型液圧トランスRINTの開発

  ⑤アクアドライブへの展開等の取り組みや社内試験設備を設置されていること

を伺いました。

 その後、5班に分かれ2年前に完成した新工場内をご案内いただきました。

工場見学風景

 研修の終わりに高橋三水会代表幹事の御礼の言葉で次の会場へと移動しました。

キリンビール(株)滋賀工場 中居工場長の講話

 第2部は、料亭旅館やす井にて、例会幹事の中居キリンビール㈱滋賀工場長より、「クラフトビールの世界」と題して、講話をいただきました。

日本のアルコール摂取量は、ビールが減っているものの全体では変わらない数値であること。ビールの消費傾向は、チビダラ消費(自分の好きなものをゆっくり飲む)に変わってきたことなど。を伺った後に5種類の滋賀工場で製造しているビールを試飲しました。

櫻本会長の挨拶と小出彦根商工会議所会頭の乾杯

 その後の第3部交流サロンでは、櫻本会長の挨拶で開会し、小出彦根商工会議所会頭のスペイン語の乾杯「サルー」で開宴し、三水会メンバーと名刺交換や談笑にて、賑やかなひと時を過ごしました。

 最後に伊藤三水会副代表幹事の「三方よしエール?」にて結びとなりました。

滋賀工場で製造しているクラフトビール

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です