2020年度 ビジネスチャンス委員会・情報技術委員会のオンライン開催について(ご案内)

 コロナウイルス感染症拡大防止の観点からまだまだ例会開催は難しいのですが、何とか再開に向けて事務局と協議を続けているところです。

 つきましてはビジネスチャンス委員会と情報技術委員会の共同企画としまして、今話題のzoomによるオンライン会議体験を企画しました。zoomの便利な使い方を共有できればと考えています。

 なお、出欠のご回示を、7月6日(月)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2020年7月14日(金)13:00~14:30

開催場所

各会社やご自宅からインタネット回線を通じてアクセス

使用機器

パソコン、iPadなどのタブレット、スマートフォン

(カメラが付いていないと参加者に自身の顔が映りませんのでご注意ください)

(画面の大きさによって一度に表示できる参加者の顔の数が変わり、パソコンが最も多く表示することができます)

内容

13:00~13:30 

接続確認

13:30~14:00 

zoomの便利な使い方(田川委員長)

14:00~14:30

小グループでの意見交換

その他

事前にパソコンかスマートホンにzoomアプリのインストールが必要です。

参加表明頂いた方に事前にメールでIDとパスワードをお送りします。

事前のインストール、設定が分からない方はお問い合わせください。

本件担当  彦根商工会議所 田中・金時

(電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: ビジネスチャンスサロン案内 | コメントする

小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム全体会議について(ご案内)

 小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム全体会議を開催致しますので、業務ご多用中と存じますが、是非ご出席下さいますようご案内申し上げます。

 なお、出席の可否を5月13日(水)までにご回示下さいますようお願い致します。

開催日時

令和2年 5月27日(水)

13:30~14:30頃

開催場所 彦根商工会議所 2階会議室

議 案

1.令和元年度事業報告並びに収支決算承認について

2.令和元2年度事業計画並びに収支予算承認について

3.役員選任について

本件担当

小江戸彦根町屋活用 コンソーシアム事務局 前谷

カテゴリー: 町屋活用委員会案内 | コメントする

3月度町屋活用委員会の開催について(延期のご案内)

 今回新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け、彦根商工会議所主催事業イベント・会合等の対応について3月21日(土)までの開催を中止する方針を定めました。メンバー・アドバイザーの方々にはご迷惑をお掛けします。

 つきましては、3月12日(木)開催予定の、町屋活用委員会の会議を延期とさせていただきます。又、開催日については追ってメンバー・アドバイザーの各位には書面をもって連絡させていただきます。

本件担当

小江戸彦根町屋活用コンソーシアム事務局 前谷

カテゴリー: 町屋活用委員会案内 | コメントする

2019年度3月度「年度末例会」の開催について(中止のご連絡)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた彦根商工会議所主催事業・イベント・会合等の対応について、2020年2月28日(金)から3月21日 (土)までの開催をすべて中止する方針を定められました。

 それを受け2020年3月19日(木)開催させていただく年度末例会を中止とさせていただきたくご案内申し上げます。

 今年度最後の例会ではございますが、会員・アドバイザの方には大変ご迷惑をおかけします。

 今回の年度末例会セミナーについては、新年度に実施したいと思います。

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度3月度「年度末例会」の開催について

 今回は、「ドローンが当たり前に飛び交う社会の実現」という演題で講演をしていただきます。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、今年度最終例会でもありますので、ぜひスケジュールを調整いただき、ご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、3月10日(火)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時 3月19日(木)16:00~

開催場所 料亭旅館 やす井

彦根市安清町13-26) 

TEL:0749-22-4670

スケジュール 

<第1部>  講 演

 16:00~17:15

 「ドローンが当たり前に飛び交う社会の実現」について

 講師

(株)CLUE 法人営業部 川西 航氏

(株)CLUEとは、「問題解決のてがかり・糸口」という意味であり、「テクノロジーで世の中の不を解決する」を軸に事業展開していきたいという想いを由来する社名です。

 質疑応答  17:15~17:30

<第2部>  新年例会

 17:30~19:30

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

   (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度2月度例会「必見!(悩み解消!業績UPの秘密)」「彦根ブランド酒構築の可能性(米、蔵、水)」を開催

 2月25日に魚清において、2月度例会「必見!(悩み解消!業績UPの秘密)」「彦根ブランド酒構築の可能性(米、蔵、水)」を開催しました。

 杉本会長の挨拶の後、兒島副会長の司会により、日本経済新聞大阪販売局2部島実知人様より「必見!(悩み解消!業績UPの秘密)」として講演いただきました。

司会の兒島氏と杉本会長の挨拶

 日本経済新聞は、1876年中外物価新報にて発行され、1946年に日本経済新聞となり2010年に日本経済新聞電子版が開始されました。購読数は2019年全国で235万部、電子版65万部となっています。特に20代の購読率は全体の37.6%(電子版も含む)あります。会社の経営者(個人企業)の購読率は92.2%あり、日本経済新聞を読まないと仕事内容が相手に伝わらないとも言われています。

 日本経済新聞の読み方

①毎日1面だけ読む。

②市場の動向を抑える。

③気になる記事を読む。

④日経平均、GDP、日銀短観の数字を追う

⑤トピックを決めて語れるように。

次に気になる記事、事実、背景、これからの展開を暗記する。

 重要なニュースキーワード「か(環境)・き(技術革新)・く(グローバル化)・け(景気)・こ(雇用)」で、重要なニュースを読み逃がさないようにとのこと。

 その後、日系メディアプロモーション(株)公認読み方アドバイザー工藤敬一様より日系関連商品の紹介がありました。

講演の島様、工藤様

 第2部として例会担当幹事前谷氏と喜多酒造(株)喜多良道様より「彦根ブランド酒構築の可能性(米・蔵・水)」についてお話いただきました。

 滋賀県では地域と日本酒、観光と日本酒と色々と試行錯誤され日本酒の良さを知っていただける努力をされています。又彦根には、酒蔵がないので、酒蔵を造っていただき働きかけもしている。売れるお酒のラベルも大事であり、買う人が見た眼で買いたくなるようなラベルであることも大事である。これからも日本酒の良さを世間に知らせる為にも、より一層の努力と付加価値が必要と思われるとのことでした。

前谷氏と喜多様

 交流サロンでは、若林アドバイザーの乾杯により宴が始まり、日本酒(小江戸ひこね町屋情報バンクプロデュースの「城下町彦根」や喜多酒造様の自慢の地酒)に合う地産の料理(ビワマスや本モロコ)を魚清さんに用意していただき、講師3名も参加され活発な情報交換ができ有意義な時間でした。最後に菊川副会長の中締めで終了しました。

若林アドバイザーの乾杯と菊川氏の挨拶

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度2月度例会の開催について

 2月度例会は、新型コロナウイルスの影響で予定しておりました海外研修の中止を受け、急遽市内での例会を企画させて頂きました。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を、2月14日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時 2月25日(火)

15:00 彦根商工会議所玄関前バス出発

開催場所 魚清(彦根市須越町196−2

内 容

<第1部> 必見!(悩み解消!業績UPの秘密)

日本経済新聞を活用人材育成術

15:30~17:00

講師:

島 実知人様

(日本経済新聞社 大阪販売局 2部)

<第2部> 日本酒を探る

彦根ブランド酒構築の可能性(米、蔵、水)

17:00~17:50

ゲスト:

喜多 良道様

(喜多酒造㈱ 代表取締役)

<第2部> 交流サロン

18:00~20:00

魚清

旨いもん企画

 ①寒ホンモロコ炭火焼き

 ②ビワマス刺身

 その他冬の旬を用意しています。

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

3月度町屋活用委員会の開催について(ご案内)

 町屋活用委員会を下記のとおり開催いたします。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、3月5日(木)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2020年3月12日(木)

13:30~

開催場所

彦根商工会議所 2階会議室

開催内容

 委 員 会 13:30~15:00

 1.町屋バンク・各空き家バンク活動報告

 2.町屋バンク令和2年度の取り組み内容について

 3.認定町屋制度セミナー

「芹橋地区における取り組み」(仮)

講師:笠原啓史様

(彦根景観フォーラム)

講師:奥野修様

(住みよいまち&絆研究所)

コメント:大菅勝造様

(芹橋2丁目連合自治会まちづくり部会)

 4.今後の運営について

本件担当

小江戸彦根町屋活用コンソーシアム事務局 前谷

カテゴリー: 町屋活用委員会案内 | コメントする

2019年度1月度新年例会「湖東焼きと信楽焼」を開催

 1月28日に「湖東焼きと信楽焼」と題して、1月度新年例会が行われました。

GATアドバイザー谷口 徹氏(米原市柏原宿歴史館)による講演

 第1部講演会では、「湖東焼きと信楽焼」と題してGATアドバイザー谷口 徹氏(米原市柏原宿歴史館)よりお話し頂きました。

 湖東焼略年表より、焼物は弥生時代(弥生土器)今から1万年前に作られた。焼   物は長い歴史があります。

 湖東焼の制作は陶土・陶石→臼で挽く→篩にかける→水簸→成土→成計→乾燥→素焼→下絵付→本焼→上絵付多くの工程にて制作されている。(湖東焼窯場絵図(安政2年)の絵図面は残っている。)

 湖東焼の経営の推移は、文政12年(1829年)10月絹屋半兵衛・島屋平助・西村宇兵衛の3人が有田の陶工を招いて開窯。窯場の経営は同年10月芹川左岸の晒山(晒屋とも言う)で開窯。のち製品販売は、天保5年(1834年)城下や領域の茶碗屋のほか、大坂の瀬戸物問屋に卸すことから始められた。

 短時間でまとめていただき湖東焼の歴史を詳しく説明された。もう少し詳しく聞きたい方は、新年例会の時にお話しをさせていただきたいと締めくくられた。

 引き続き新年例会に入り、杉本会長から主催者挨拶の後山田副市長、上田副会頭より来賓挨拶を賜り、乾杯のご発声を辻産業部長より頂戴しました。

彦根市後山田副市長のご挨拶

彦根市辻産業部長の乾杯のご発声

 参加者は年初の挨拶と名刺交換をされ、最後に兒島副会長より中締めの挨拶をされ盛況のうちに閉会となりました。

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度12月度例会「Tip’s&GATとの合同例会」を開催

 12月の20・21日と2日間にわたりTip’s&GATとの12月度合同例会が福井県越前市にて行われました。

石川製紙(株) 石川社長

 1日目は、石川製紙(株)様の工場見学和おこないました。

 代表取締役社長石川浩氏より会社説明を頂きました。

 現在、機械により和紙を抄き奉書紙や美術工芸紙、襖紙といった伝統的な和紙を製造しされている。消臭機能を持った紙で商標登録をとって製造販売している。その紙はアンモニアの消臭も10分位で90%臭いがとれるとのこと。消臭効果の実験で5年後に計測し

石川製紙(株) 工場内

た結果95%が90%、5%程度の消臭効果しか落ちていない結果が出ているようです。その後、工場見学では、和紙の製造工程を詳しく説明を受けました。

 続いて、パピルス館にて、紙すきの体験をおこないました。桁と呼ばれる道具に原料を汲み、均一に漉きます。10分程度でオリジナル和紙の完成しました。(ハガキが4枚程度)

 卯立の工芸館では、職人による紙漉き技を伝統家屋にて一連の工程を見学しました。

パピルス館 紙すき体験

 最後に、紙の文化博物館において、見学と講演会が開催され、講師に学芸員中川智絵氏を迎えて講演いただきました。博物館は2017年リニューアルオープンし、和紙に触れる体験コーナーや図書コーナーを新設されていました。越前和紙の歴史についてや産地ならではの和紙の作品を多く展示していて、越前和紙の長い歴史と道具なども紹介されていました。

 2日目は、タケフナイフビレッジを訪問し、若手打刃物職人の研修グループの共同工場を見学しました。工房にて伝統の鍛造技術を見せていただきました。体験では、メタルキーホルダー制作教室でオリジナルキーホルダーを作りました。

タケフナイフビレッジ 工房内

タケフナイフビレッジ 工場内

カテゴリー: 例会報告 | コメントする