2019年度 ビジネスチャンス委員会の開催について(ご案内)

 2019年度ビジネスチャンス委員会を下記のとおり開催いたします。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、貴重な機会ですので、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、12月26日(木)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2019年1月26日(金)16:00

※シャトルバスご利用の方は15:20当所集合出発となります。

開催場所

彦根ビューホテル レイクビューホール

開催概要

<第1部>会員交流フェア

新春特別講演会 16:00~17:30

内 容:

「渋沢栄一と近代日本の資本主義」

講 師:

鹿島 茂 氏

<第2部> 会員交流フェア

会員交流懇親会 17:45~19:30

内 容:

会員事業所のビジネス交流・懇親会

ひこねグルメメッセ「絶品」 のフード&ドリンク

会 費:3,000円

(当日受付にてお支払い下さい)

その他

第2部は酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

また第2部はビジネス交流の場となりますのでお名刺をご持参ください。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

(電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: ビジネスチャンスサロン案内 | コメントする

2019年度1月度新年例会の開催について

 本研究会の新年例会を下記の通り開催します。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、貴重な機会ですので、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。なお、出欠のご回示を、12月26日(木)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時 1月28日(火)17:30~

開催場所 料亭旅館 やす井

彦根市安清町13-26) 

TEL:0749-22-4670

スケジュール 

<第1部>  講 演

 17:30~18:00

 湖東焼きと信楽焼

 アドバイザー 谷口徹氏

<第2部>  新年例会

 18:00~20:00 

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

   (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度2月度例会(海外視察研修)について

 今回は、中国福建省厦門市(アモイ市)のアモイ大学・研究所を視察研修し、世界遺産コロンス島・福建土楼などについて海外研修をさせていただきます。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を12月25日(水)までにいただけますようお願いします。

開催日時 2019年2月22日(土)

       ~25日(火) 3泊4日

<21日:12時台フライト予定、25日:12時頃リターン予定>

開催場所 福建省(中国)

<中部空港発着予定>

参加費用  約20万円(税込)

行  程

2/22(土)移動 

福州又はアモイ市泊

23(日)福建土楼等(世界遺産)見学等

 アモイ市泊

23~24(月)

アモイ大学・研究所等訪問(予定)

コロンス島(世界遺産)

アモイ泊

25(火)移動

・締め切り12月25日

・1月10日以後キャンセル料45,000円

・詳細は、参加者に追ってご連絡いたします。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度11月度例会「事業承継・相続対策・土地活用」を開催

 2019年度11月度例会「事業承継・相続対策・土地活用」と題して開催しました。

杉本会長の挨拶

 第一部では、まずアドバイザーの若林忠彦氏より、中小企業の課題と事業承継について講演頂きました。

 ゴーイングコンサーン(企業の継続)オーナーはそのことを意識した経営、子供や孫
 にこの会社を引き継ぐ、実はこの精神が大切である。但し3代目の後継者が何もしなかったら、資産は0になる。長寿企業SDGs(継続する意義)創業1000年以上の企業は8社、500年以上は32社、200年以上は

若林アドバイザー

3,146社、100年以上は5万社、これら長寿企業の89.4%は従業員数300人未満の中小企業です。だからこそ中小企業は生き残れる。

 中小企業の課題として廃業があり、理由は廃業を決断した経営者の48%が、「経営の高齢化、健康の問題」を理由としてあげる一方「事業の先行きに対する不安」を理由としてあげている人は13%です。滋賀県の開業率4.5%、廃業率は4.9%です。全国的にも廃業率は伸びている。黒字でありながら廃業している。事業承継がうまく いってないのが滋賀県の現状である。

 つぎに、おうみ@法務事務所 松田勇夫氏により相続対策(法改正等)について講演を頂きました。

松田氏の講演

 3つの問題点

 ①これだけは知っておきたい遺言書

遺言書は自分が手書きで書くことが大事である。作成しておくと手続が楽にできる。公正証書を作成しておくとなお相続がスムーズに済む。

 ②相続税の改正

相続に関するルールが大きく変わっている。

令和元年1月13日から段階的に施工されています。

内容については法務省の遺言書保管法の制定をご覧下さい。

 ③事業承継税制について

事業承継税制のあらましは、税務署の令和元年5月の掲載をご覧いただきたい。

 最後に、滋賀銀行彦根支店支店長 四方清文氏より資産を活用した相続税対策について講演頂きました。

四方氏の講演

 相続対策と相続税対策について、相続対策と相続対策は違います。相続税対策のポイント

 ①納税資金の確保②相続税を減少させる対策。

財産を占める割合は不動産が43.8%、預貯金45.2%、生命保険7%です。

不動産と金融商品を下げるのが相続対策です。

生きている間に不要な固定資産を売却し現金化しておき納税資金として用意をしておく事が必要である。

極力相続税を少なく支払う対策を今から考えておく。

 事業継承・相続対策は、企業にとって一番大きな問題であり、メンバーの方も熱心に勉強をしておられました。

例会の様子

 二部の交流サロンでは、水口例会幹事の司会により開会し、若林アドバイザーの乾杯により宴が始まりました。

 四方支店長を交え講演内容の事や最近の金融情勢について質問をされ、活発な情報交換をされていました。最後に菊川副会長の中締めにより終了しました。

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度12月度例会の開催について

 12月度例会は、TIP’S (日本機械学会関西支部地域技術活動活性化懇話会)設立30周年記念事業、合同で下記により開催させていただくこととなりました。今回は福井県越前市「越前和紙の里」を訪問致します

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を12月6日(金)までにいただけますようお願いします。

1.実施日時

12月20日(金) ~ 21日(士)

1泊2日彦根駅東ロ9 : 50集合

※貸切バスでの移動となります。

2.視察研修先

福井県越前市「越前和紙の里」

3.参加費用

お一人様費用20,000円

バス利用されない場合15.000円

4.行程

12月20日 (金)

8:00 JR大阪駅出発

10:00 JR彦根駅経由

13:30~14:00

石川製紙(株) 工場見学

14:15~14:45

パピルス館 紙すき体験

15:00~15:30

卯立の工芸館 見学

15:45~17:00

紙の文化博物館見学と講演会

講演タイトル「越前和紙の歴史と技術伝承」

講師 中川智絵氏(紙の文化博物館学芸員)

18:00~

交流会 山代温泉加賀百万石

(石川県加賀市山代温泉11-2-1

TEL 0761-77-0200)

12月21日 (土)

9:00~14:45

永平寺、タケフナイフビレッジ見学等

16:30 JR彦根駅経由

19:00 JR大阪駅解散

※ご参加申し込み後に、事前に費用の請求をさせて頂きます。万が-ご都合が悪くなった場合には、予約に関わる経費を後日精算させて頂きますので、その点ご配慮の程お願い申し上げます。

5.本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度第3回GATゴルフコンペ

 雨模様を蹴散らし雨に降られることなく、朝日野カントリークラブにて、総勢12名の参加でゴルフを楽しみました。

カテゴリー: その他 | コメントする

小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム主催 市街化調整区域における空家等の活用推進セミナーの開催について (ご案内)

 小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム主催「市街化調整区域における空家等の活用推進セミナー」を開催させて頂きます。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、11月15日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2019年11月25日(月)

14:00~

開催場所

大学サテライトプラザ

(アルプラザ、市役所仮庁舎6階)

開催内容

 委 員 会 14:00~15:30

 市街化調整区域における空家等の活用の現状について

 講師:

東近江市都市計画課開発調整係

五十子又一氏・辻温氏

 コメンテーター:

濱崎一志氏

(町屋活用委員会アドバイザー) 

本件担当

小江戸彦根町屋活用コンソーシアム事務局 前谷

カテゴリー: 町屋活用委員会案内 | コメントする

2019年度11月度例会の開催について

 11月度例会は、「相続対策について」と「土地活用について」事例紹介を交えてお話頂きます。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を11月15日(金)までにいただけますようお願いします。

開催日時 11月28日(木)16:00~

開催場所 彦根商工会議所4階会議室

彦根市中央町3-8

スケジュール

<第1部>  例   会

16:00~17:45

講演:

中小企業の課題と事業継承について

講師:

GATアドバイザー

 若林 忠彦氏

講演:

相続対策について(法改正等)

講師:

おうみ@ホーム法律事務所

 松田 勇夫氏

講演:

土地活用について(個人投資)事例紹介

講師:

滋賀銀行彦根支店支店長

 四方 清文氏

<第2部> 交流サロン(徒歩移動)

18:00~20:00

翠翔彦根本店(彦根市本町1-1-5:TEL 23-5931)

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度10月度例会「SDGSを活用した豊かに働き生活できる彦根・長浜地域の創出」「リサイクル型ビワマス養殖システム開発事業」を開催

南例会担当幹事の司会

 2019年度10月度例会「SDGSを活用した豊かに働き生活できる彦根・長浜地域の創出」「リサイクル型ビワマス養殖システム開発事業」と題して長浜バイオ大学にて開催しました。

 第1部は、南例会幹事の司会により、長浜バイオ大学GATアドバイザー向 由紀夫教授と長浜バイオ大学河内准教授による講演を聴きました。

長浜バイオ大学 蔡学長の挨拶

 最初に長浜バイオ大学GATアドバイザー向 由紀夫教授の講演

 題目「SDGSを活用した豊かに働き生活できる彦根・長浜地域の創出」

私立大学は補助金なしでは、事業ができない。今回文部科学省私立大学等改革総合支援事業として平成30年度予算131億円、目的は教育の機能強化に向けた取り組みをする大学に補助金を出す。彦根長浜地域連携プラットフォーム事業で申請。

向教授の講演

 プラットフォーム形成タイプ5があり、タイプ1「教育の質的転換」タイプ2「産業界との連携」タイプ3「他大学等との広域・分野連携」タイプ4「グローバル化」タイプ5「プラットフォーム形成」今回タイプ1で採択された。

 タイプ1(教育の質的向上に向けた取り組みを支援)私立大学等改革総合支援事業タイプ5彦根・長浜に大学がある条件、米原は大学がなく今回の申請には入っていない。彦根・長浜は地方型にて申請、申請数16内選定数7選定率44%であり地方型で彦根・長浜連携で採択された。

 プラットフォームスタートアップ型の正式名は、「彦根・長浜地域における学術文化教育基盤形成を目的とした大学・短期大学・地域連携プラットフォーム」省略名(地方型・スタートアップ型)という。

基本ビジョン

🔶彦根・長浜地域を豊かに働き生活できる地域社会の創出(若年人口の流出抑制)

🔶持続発展可能な地域社会の実現(地域資源を利用した活気のある地域等)

🔶本プラットフォームの教育研究目標(産官学連携による地域課題に取り組むイノベーター育成等)彦根・長浜地域における社会的問題とその解決への取り組み(人口減少、少子高齢化、新規産業の開拓、6次産業化への移行、SDGSへの取り組み)共通課題・地方自治体の課題総人口の減少、生産性人口の減少、少子高齢化。大学等の課題18歳人口の減少、入学者の県外流出、就職者の県外流出県内の定着率を上げたい。

プラットフォーム事業が目指す地域の将来像

🔶自治体・地域経済界に開かれた高等教育環境のある地域

🔶誰もが安心・安全に住み続けることができる地域

🔶地域住民・観光客等を引き付ける地域資源のある地域

🔶若年層が魅力を感じる豊かな産業基盤のある地域今後文部科学省は人口減少に伴い大学を統合させようとしている。足りない所を補い産業界との結びつきをする。もし何かしらアイデアがあれば、商工会議所か大学に言っていただきプラットフォーム側で考え取り組みたいと思います。

 

河内准教授の講演

 次に長浜バイオ大学 准教授 河内 浩行氏の講演

 題目「リサイクル型ビワマス養殖システム開発事業」

 2009年まで京大農学部畜産学科におられ、肉牛の霜降りの度合いを上げる飼料開発に取り組まれていました。2009年4月に長浜バイオ大学に移られ同様の研究と思われたが、実際は琵琶湖の宝石「ビワマス」の養殖の研究をされた。天然ビワマスの漁獲高は90tあったが、30tしか漁獲が出来なくなり養殖ビワマスに取り組まれた。ビワマスの食べられるのが6月~9月のみ養殖であれば年中食べることができる。しかし問題点も

杉本会長の挨拶

多く、脂の乗りが天然に劣る、魚粉、魚油の高騰で採算が合わない。そこから研究に入り、色々と試験され今では成果がかなり出ています。

 脂の乗りを良くする飼料として醤油と油が一番良いとの研究成果が出ています。餌については、産業廃棄物である酒粕を加工してマッシュな米ぬかに変えることで、飼料単価が9分の1と大幅なコストカットができるようになった。数年以内に実現したいこと、県外
からの需要にも応えられるような安定したビワマスの生産供給、ビワマス飼料のサケ・マス類養殖への利用拡大を目指している。

川崎例会担当幹事の司会

 第2部は交流サロンとして川崎例会担当幹事の司会により開会し、奥貫アドバイザーの乾杯により宴が始まりました。

 講師のアドバイザー向教授、河内准教授を交え講演会の内容で聞けなかった事を質問され多いに盛り上がった。最後に座波例会担当幹事の中締めにより終了しました。

奥貫アドバイザーの乾杯挨拶

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度第2回GATゴルフコンペ

 秋晴れ爽やかな天候の中、タラオカントリークラブにて、総勢13名の参加でゴルフを楽しみました。

 今回もマイクロバスでゴルフ・温泉・焼肉と和気あいあいと楽しい一日が過ごせました。

カテゴリー: その他 | コメントする