2019年度 ビジネスチャンス委員会の開催について(ご案内)

  ビジネスチャンス委員会をTIP‘S技術交流サロン「(一社)日本機械学会関西支部第20回秋季技術交流フォーラム」への参加として、下記のとおり開催いたします。

 つきましては、貴重な機会ですので、ぜひご出席下さいますようご案内申し上げます。

 出欠のご回示を、10月4日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

10月19日(土)

 10:00~19:00

開催場所

大阪市立大学杉本キャンパス

大阪市住吉区杉本3-3-138

※基本的に現地集合・解散となりますが、出席者で調整します。

開催概要  以下のとおり

10: 00~12:30【各懇話会パラレルセッション】

 【基調講演】

 「カーボンフリー燃料の利用(1)」

13: 30~16:00【各懇話会パラレルセッション】

 【基調講演】

 「カーボンフリー燃料の利用(2)」

16:10~17:10【特別講演】

 「カオスの決定論的記述と未来予測」

 大阪市立大学大学院

  工学研究科教授 松岡千博氏

※各懇話会の詳細については、ホームページをご覧下さい。

17:30~19:00【懇親会】

会場  大阪市立大学第1学生ホール  

その他

参加登録料は、TIP‘S扱いになりますので5,000円です。当日お支払ください。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

(電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: ビジネスチャンスサロン案内 | コメントする

2019年度10月度例会の開催について

 今回の10月度例会は、彦根長浜地域連携プラットフォーム事業と長浜バイオ大学の研究紹介について長浜バイオ大学の教授にお話をしていただきます。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を、10月4日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時 10月17日(木)

15:10 彦根商工会議所玄関前エクシブマイクロバス出発

内 容

<第1部> 長浜バイオ大学(長浜市田村町1266

16:00~17:20

・彦根長浜地域連携プラットフォ-ム事業について

「-SDGsを活用した豊かに働き生活できる彦根・長浜地域の創出-」

講師:

長浜バイオ大学 向由紀夫様

(GATアドバイザー)

・長浜バイオ大学の研究紹介

「リサイクル型ビワマス養殖システム開発事業」

講師:

長浜バイオ大学准教授河内浩行様

17:20~17:45

・長浜バイオ大学見学

<第2部> エクシブ琵琶湖(米原市磯1477-2

18:00~20:00

交流サロン 

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

ビジネスチャンス委員会の開催について(ご案内)

 ビジネスチャンス委員会を下記のとおり開催いたします。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、貴重な機会ですので、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、9月2日(月)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2019年9月5日(木)15:00

開催場所

彦根ビューホテル 1Fセミナー会場

※現地集合・解散となります。

開催概要

 講演会

15:00~16:30

内 容:

「資本主義から「資産」主義へ向かう日本-資産運用と地域活性化の新たなフェーズ-」

講 師:

(株)SBI証券執行役員グローバルアドバイザリー部長

シラン・ディアス氏

会 費:無料

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

(電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: ビジネスチャンスサロン案内 | コメントする

9月度町屋活用委員会の開催について(ご案内)

 町屋活用委員会を下記のとおり開催いたします。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。

 なお、出欠のご回示を、9月13日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時

2019年9月20日(金)

13:30~

開催場所

彦根商工会議所 2階会議室

開催内容

 委 員 会 13:30~15:00

 1.町屋バンク・各空き家バンク活動報告

 2.町屋バンク今年度後半の取り組み内容について

意見交換

 3.認定町屋制度セミナー

講師:濱崎一志先生

長浜市(調整中)

 4.今後の運営について

本件担当

小江戸彦根町屋活用コンソーシアム事務局 前谷

カテゴリー: 町屋活用委員会案内 | コメントする

2019年度8月度例会(三水会との合同納涼例会)「学生に就職超人気の総合商社伊藤忠と丸紅を訪ねる」を開催

杉本会長の挨拶

 2019年度8月度例会(三水会との合同納涼例会)は「学生に就職超人気の総合商社伊藤忠と丸紅を訪ねる」と題して、藤忠兵衛記念館と旧豊郷小学校校舎を見学しました。

・伊藤忠兵衛記念館

 橋川例会担当幹事の司会により開会し、記念館の桂田常務理事より伊藤忠兵衛の歴史を紐解くという内容で説明を受けました。

 伊藤忠兵衛1842年出生し、1855年伊藤忠商事を創業。1872年大阪にて呉服

桂田常務理事の説明

太物商(紅忠)を創立。当時伊藤忠商事の新入社員研修は妻である八重が伊藤忠兵衛記念館で実施していた。

 初代忠兵衛は61歳で逝去され、2代目は次男である精一が襲名された。長男は1903年生まれてすぐに逝去された為次男が2代目となった。3代目以降は忠兵衛の名前を継がれていない。

 その後1920年日本の企業が大不況に陥いり、伊藤忠商事は何百億円の損失を出した。その時伊藤忠兵衛の財産をすべてつぎ込み、不況を乗り越えられた。

若林特任教授の講演

 旧伊藤忠兵衛の屋敷を公開されたのは平成14年から、伊藤忠・丸紅の創始者、初代伊藤忠兵衛の100回忌を記念し、初代忠兵衛の旧邸、二代忠兵衛の生家である豊郷本家において、愛用品を始め様々な資料を展示公開している。公開前伊藤忠商事が改装費を出し修復しています。入館料は無料。固定経費はすべて伊藤忠商事が賄っている。屋敷を公開後1年間に約5,000人の入館がある。

 

藤忠兵衛記念館を見学

 引き続き、国立大学法人滋賀大学社会連携センター若林忠彦氏より「何故、伊藤忠は人気があるのか」との題目で講演されました。伊藤忠は今でも、総合商社でNO1であり滋賀大学生にも人気のある企業で、伊藤忠商事に就職される学生も多く、就職された学生から居心地がよい企業とかなり評判がよい。伊藤忠兵衛記念館の敷地面積は1,800㎡(544坪)建物700㎡(212坪)

・旧豊郷小学校校舎

旧豊郷小学校校舎

 旧豊郷小学校は、1937年本校出身で丸紅の専務取締役古川鉄次郎が私財の3分の2に相当する60万円(現在の物価では数十億円)を寄贈して建設された。設計はヴォーリズ建築事務所、当時としては珍しい壮麗な鉄筋コンクリート造の校舎「白亜の殿堂」ないし、「東洋一の小学校」との異名を取った。階段の手摺には、イソップ寓話「兎と亀」をモチーフとしたブロンズ装飾が設置している。

 旧豊郷小学校校舎は、深夜アニメ「けいおん」(京都アニメーション制作)に登場する架空の高校がこの校舎と酷似しており、モデルと認知されている。「聖地巡礼」として訪れるファンも多い。今回京都アニメーションが放火され多くの方が犠牲になったことで、旧豊郷小学校校舎に「けいおん」ファンが毎日のように来られ、想い想いのメッセージ が描き寄せられています。

旧豊郷小学校 講堂にて

 引き続き、ボランティアガイドにより、2班に分かれ旧豊郷小学校校舎を細かく説明された。参加者のほとんどの方が初めて見学されることから、関心を持ってボランティアガイドの説明を聞かれていました。 

・交流サロン

パナソニック(株) 安藤工場長

 兒島例会幹事の司会で開会、杉本会長の挨拶後、パナソニック(株)アプライアンス社ビューティ・パーソナルケア事業部安藤工場による乾杯の発声により宴が始まりました。その後志賀谷専務理事より、会費の改定及び部会の再編について説明がありました。最後に、石原例会幹事の中締めによりお開きとなりました。

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度9月度例会の開催について

 9月度例会は、「これからの時代に求められるデータ分析・活用「~最強のデータ分析組織」の仕事の流儀~」をテーマで大阪ガス(株)情報通信部所長の岡村智仁氏による講演と大阪ガス のショールーム見学会を開催します。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を9月6日(金)までにいただけますようお願いします。

 また、役員会も開催いたしますので併せてご案内させて頂きます。(役員会はすべての会員が対象となります。)

開催日時 9月19日(木)

15:00~ 役員会

16:00~ 例会

18:00~ 交流サロン

スケジュール

<第1部>  役 員 会

15:00~15:50

大阪ガスショールーム ディリパ彦根

彦根市大東町12-11  0749-22-3409)

下半期の事業計画について

<第2部>  例   会

16:00~17:00

「これからの時代に求められるデータ分析・活用「~最強のデータ分析組織」の仕事の流儀~」

講師:大阪ガス(株)情報通信部

ビジネスアナリシスセンター所長

岡村智仁氏

17:00~17:30

大阪ガス ショールーム見学会

大阪ガスショールーム ディリパ彦根

彦根市大東町12-11  0749-22-3409)

<第3部> 交流サロン(徒歩移動)

石原ビル4Fホール

彦根市旭町9-11  0749-24-3570)

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度8月度例会(三水会との合同納涼例会)の開催について

 今回の8月度例会は、三水会(彦根進出大手工場長会議)との合同にて、近江商人の強みに迫る、「学生に就職超人気の総合商社伊藤忠と丸紅を訪ねる」をテーマで企画し、伊藤忠兵衛記念館と旧豊郷小学校を訪問。伊藤忠兵衛記念館の桂田常務理事から解説いただくと共に旧豊郷小学校の見学をしていただきます。

 業務ご多忙中恐縮に存じますが、貴重な機会ですので、ぜひご出席下さいますようお願い申し上げます。なお、出欠のご回示を、8月9日(金)までにご返事下さいますようお願いします。

開催日時 8月21日(水)14:00~

14時 商工会議所玄関前 バス出発

開催場所 

第1部 伊藤忠兵衛記念館

(豊郷町八目1 2 8ー1 )

第2部 一休庵

甲良町池寺1-5

内 容

<第1部> 伊藤忠兵衛記念館と旧豊郷小学校

14 : 30 ~ 15 : 50

伊藤忠兵衛記念館(桂田常務理事の説明)

(初代忠兵衛、ニ代忠兵衛の愛用品をはじめ、多くの資料が展示され、
繊維卸商から「総合商社」への道を拓いたその足跡を紹介している。)

16 : 00 ~ 17 : 00

旧豊郷小学校校舎(ボランティアガイドの説明)
(建築家ウィリアム-メレノ-ヴォーリズ氏の設計で建てられた。当時は「白亜の教育殿堂」「東洋-の小学校」ともいわれた。)

<第2部>

一休庵西明寺前本店

(犬上郡甲良町池寺1ー5 TEL0749ー38-3848 )

1 7 : 45 ~ 1 9 : 45

交流サロン 

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

行程は、目安であり、当日の進行によっては前後することをお含みおきください。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

  (電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする

2019年度7月度例会「日本酒「城下町彦根」の醸造元である東近江市の喜多酒造を訪問」を開催

 7月8日東近江市の喜多酒造において、7月度例会「日本酒「城下町彦根」の醸造元である東近江市の喜多酒造を訪問」を開催しました。

熊川忠氏の挨拶

 前谷例会幹事の司会により開会し、町屋委員会の熊川委員長から町屋活動について報告後、杉本会長が挨拶され、前谷例会幹事より喜多酒蔵(株)のご紹介をされ例会が開催されました。

 例会では喜多良道氏が挨拶をされました。

 喜多酒蔵は文政3年(1820年)初代の喜多議佐エ門が、近江米を使って酒造りを始められた。江戸時代から続く約200年の歴史をもつ蔵元である。お酒の銘柄は「喜楽長」意味は「お客様に喜び、楽しく、酒を飲みながら、長生きをしていただけるように」と念じつつ名づけられました。

喜多酒蔵社長喜多良道氏の挨拶

 喜楽長の求める酒質は、米のうまみを充分に引き出し、心地よい甘みと酸味がバランスよく調和し、あとキレの良い日本酒を目指しています。

 酒蔵の原理原則は同じですが、蔵元により酒の味はすべて違うそうです。これからも地域の為に地域開発の為の酒蔵でありたいと願っていますとのこと。

喜多酒蔵の敷地面積は1,200坪。独立行政法人酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会で、通算18回の金賞を受賞されています。

 引き続きAチーム、Bチームに分かれて、喜多社長の蔵見学と喜多麻優子氏によるパワーポイントでの勉強会がありました。

喜多麻優子氏の説明

・喜多酒蔵の紹介

 蔵の環境

  仕込み水は鈴鹿山系から流れ出る愛知川の伏流水を自家井戸弱軟水の仕込み水。

  周囲の環境は、長閑な田園地。近江米の生産地でもある。

 目指す酒質

  「優しい柔らかな味わい」米のうまみを充分に引き出し、心地よい甘みと、酸味がバランスよく調和しあとキレの良い「喜楽長」を目指しています。

 製造のコンセプト

  香りの特徴・・・香りも味のうち、穏やかな香り。

  味わいの特徴・・・「味の形」、コクとキレ永遠の課題。

  原料米へのこだわり・・・山田錦の縦への味わいの広がり、麹は山田錦。

 製造特徴

  酒造りの第1歩

   原料米処理、自家精米と、限定浸漬。

  麹作り

   温度調整が厳しくできるステンレス製の麹室。

  仕込み

   最大1,500㎏の小さな仕込み。低温発酵ができる仕込みタンク。

   瓶詰め後の冷却装置にて、30度以下に。

 貯蔵特徴「熟成は第二の酒造り」

  酒質に合った適切な温度管理。6基のサーマルタンクでの貯蔵と、蔵内3°Cの冷蔵庫100坪と瓶貯蔵酒蔵の近くに、冷蔵倉庫を100坪賃借している。

  日本酒の微生物

   並行複発酵

    糖化と発酵のバランス

   麹

    糖化作用、米のデンプンを糖分に変えます。

   酵母

    酵母作用、糖分をアルコールに変えます。

   酵母造り(速醸酵母)

   私用酵母

    14号酵母、1401酵母(泡なし酵母)京都酵母(7号系)

   自家酵母

    滋賀県工業技術センターに保存、9号系酵母、香り系酵母。

 最後に、温故知新の中で伝統と文化の継承をしていきたいと述べられました。別チームは喜多社長が、酒蔵にて酒造りの方法を細かく説明され終了しました。

喜多良道氏 酒蔵での説明

 きき酒勉強会では、きき酒の方法とリストの説明があり、出品酒にてGATのメンバーがきき酒をされました。

 場所を「魚清」さんに移し、喜多良道氏・喜多麻優子氏をお迎えして懇親会でおおいに盛り上がり、閉会いたしました。

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度6月度例会「バーチャルマネキン(プロジェクターと人型投影板が一体化)とVtuber」を開催

 6月19日一休庵様において、6月度例会「バーチャルマネキン(プロジェクターと人型投影板が一体化)とVtuber」を開催しました。

杉本会長の挨拶

 林副会長の司会により開会し、杉本会長の挨拶後、例会を開催しました。

 その後、講師 (有)田中印刷所 代表取締役 田中 由一氏より「バーチャルマネキンとVtuber」について講演を頂きました。

 等身大バーチャルマネキンは、立体のスクリーンに後ろからプロジェクターに投影
をしており、このやり方は世界でも田中印刷所だけで、2年前までカシオさんがやっておられたが止められたそうです。

(有)田中印刷所 田中社長の講演

 (有)田中印刷所の業務内容

・「足止め効果」としてVirtual Mannequin Cubic Screen

・「止まった人に説明する方法」として3DCG動画 Web3D AR(拡張現実)印刷物(カタログ、パンフレット、名刺)Vtuber

・「足止め」や「止まった人」に説明する方法を効果的に考えた展示会ブースの製作及びプロデュース

・3D動画、Web3D,3Dバース企画、製作

・「AI」(人工知能)「Vtuber」の取組

○何故、印刷からデジタルサイネージなのか?
 
 ・数十年前、中小企業が販売促進をするためのツールといえば圧倒的にチラシ、パ
ンフレット、ポスター等の紙メディア。

 ・パソコン、インターネット、電子メール、携帯電話等が普及していき販売促進
ツールは多様化していった。

 ・販売促進ツールが多用化し選択技が増える中で、費用対効果の高いツールを顧客
は求めるようになった。

 ・販売物が紙メディアしかなかった時代は販促費のほとんどの予算を印刷物に費や
せたが、違うメディアの選択肢が入ることで、印刷予算は縮小されていった。

 ・顧客の最小の費用で、最大の販売ができる販売促進ツールを求めている。印刷で
それを実現できるか怪しくなってきた。

○足を止めるデジタルサイネージ

 ・クロード、シャノンは「情報は興味を持つ者しか伝わらない」と言っています。

 ・コンピュータ工学の偉大なる人物ですが、コミュ二ケーションにおいてその重要
性を一言で言い切っています。人に行動をお越させるような情報を伝えるには、人
に感心をもたせなければならない。つまり説得の要素、気づきのきっかけを与えな
ければならないと説いています。

 ・その点リアブロジェクションシステムのCGバーチャルマネキンは人型に切ったアクリル板にキャラクター、CG動画を投影するための浮遊感や、映像は四角四面のモニター画面で観るものと言う概念からハズれているので「あれ、何だろう?」という疑問とバーチャルの世界のキャラクターが想定外で動いているので、思わず立ち止ってしまうのです。

カテゴリー: 例会報告 | コメントする

2019年度7月度例会の開催について

 7月度例会は、昨年町屋バンク事業とGAT30周年事業の一環として発売されました日本酒「城下町彦根」の醸造元である東近江市の喜多酒造様をご訪問して開催します。

 つきましては、何かとご多用の中ですが、ぜひご出席賜りますようご案内申し上げ、出欠のご回示を6月28日(金)までにいただけますようお願いします。

開催日時 7月8日(月)

15:00~20:00

開催場所 喜多酒造(株)

東近江市池田町1129

TEL:0748-22-2505)

集合場所 彦根商工会議所玄関前

集合場所 15:00(魚清のマイクロバス)

10分前には集合ください。

スケジュール

<第1部>  例   会

15:30~17:00

蔵見学およびきき酒

喜多酒造(株)

 喜多良道様 喜多麻優子様

<第2部> 交流サロン

18:00~20:00

魚清

彦根市須越町196-2

TEL:0749-25-0916)

その他

交流サロンは、酒席となりますので、マイカーでの来場は厳禁です。

本件担当  彦根商工会議所 西川・若林

(電話:0749-22-4551/FAX:0749-26-2730)

カテゴリー: 例会案内 | コメントする